e-家売る TOP > 不動産売却Q&A > 買い換えなら先に売却?購入?

判断が難しいところです。

家を買い替える場合、売却を先にするか、新居を先に購入するか、というのは判断が難しいところです。
先に売却をするメリットは、次の新居の購入資金計画が明確に出来る、という点です。手元に入る現金がはっきりしていますので、次の購入物件の予算がはっきりします。
一方デメリットは、というと、売却から次の家を購入して入居するまでの期間、一時的に住む場所を確保する必要があり、余分な経費がかかるという点です。賃貸の費用もかかり、引っ越しも2度行わなければいけませんので、その分の費用を見積もっておく必要があります。
逆に、新居を先に購入するメリットは、余分な費用が掛からない、という点です。引っ越しも1度で済みますので、手間もかかりません。
新居を先に購入するデメリットは、売却価格が確定していない段階ですので、予算を組むことが難しくなります。手元の資金に余裕があれば問題ありませんが、売却で得た利益を次の住居の購入費に充てる場合は、いくらで売れるかわかっていませんので、判断に迷うところです。

ベストは同時ですが・・・

一番理想的なのは、物件が売れて引き渡すと同時に新しい家に入居するという方法です。余計な費用が掛からず、売価も確定しているため、購入計画も立てやすくて、手間もかかりません。
物件の売却が確定してから、新居を決めるまでに少し期間があると、このような方法がとれるものですが、この場合、注意が必要です。引き渡し日が確定しているため、次の新居を決める猶予があまりありません。この時期に納得できる物件が出なかった場合を想定しておく必要があります。また、引き渡し日まで、物件の状態を維持していく義務があります。この期間に、著しい破損や設備に不備が出た場合、最悪の場合は契約が破棄されたり、損害賠償を請求されることも。
買い替えを検討している人は、このようなことも想定して慎重に時期を判断したいものです。担当の不動産会社の人にも相談してみるのもおススメです。プロの経験と知恵を借りて、自分にとってベストな方法を見つけましょう。

このページのトップに戻る