e-家売る TOP > 不動産売却Q&A > 家売る方がいい?貸す方がいい?

家を売るメリット・デメリット

所有している不動産を売却するメリットは、まとまった金額の現金収入が発生するという点です。まとまった金額の現金が必要だ、という方には、大きなメリットとなります。
不動産を所有している場合、固定資産税を支払う義務がありますが、売却をすると、この税金を払う必要がなくなります。毎年の維持管理費も必要なくなります。
もし住宅ローンなどが残っている場合は、売ることによって、ローンの負担額が減る、というメリットもあります。購入金額以上の高値が付くことはまずありません。ほとんどのケースで売ってローン返済に充ててもなお、残高は残るということは納得しておかなくてはいけません。が、賃貸にしても、借り手が居らず、長い期間空き家になってしまうと、更に金銭的な負担が増えることになりますので、ローン残高を少しでも少なくするためには、売る方が得策と言えます。
デメリットは、この売値。必ず適正な査定価格で購入されるとは限りませんので、一概には売る方が良いとは言いきれないところです。

家を貸すメリット・デメリット

家を貸すメリットは、長期的に継続して収入が見込まれる、ということです。毎月一定額の収入がありますので、毎月の生活費として計画をすることが出来る、という点です。
建物の評価額は年数を追うごとに下がりますが、土地はその時によって変動しますので、長い目で見て後々上がる見込みがあれば、現状は貸しておく、というのも良いでしょう。
一方、家を貸すということは、余計な経費も掛かるということです。家を維持管理していくための費用が必要になります。管理を不動産会社に委託していれば、家賃の一部を維持管理費として支払う必要がありますし、設備によっては大きな補修が必要になり、結果家賃以上の費用負担も発生する可能性もあります。
そもそも、入居者がいなければ家賃収入も見込めませんし、入居する人によっては、家賃の滞納といった心配も生じます。
このように、家を売るのも貸すのも、どちらも良い面と悪い面がありますので、自分にとってどちらがメリットがあるのかをよく検討して決めましょう。

このページのトップに戻る