e-家売る TOP > 不動産売却Q&A > 売る前にリフォーム必要?

予算と売却額をよく検討して決めましょう。

基本的なことですが、「より新しい方が、好印象である。」と言えます。当たり前のことですが、見学に来たとしても、汚れて古い設備より、新しい設備のほうが魅力的なものです。ただ、リフォームは費用がかかります。リフォームして売りに出す場合、リフォーム代金を売値に上乗せしないと、結果、売っても損失が生じてしまう可能性もあります。
リフォームをして売りに出すかどうかは、予算と内容をしっかり検討する必要があります。どのくらいの予算で、どの程度(キッチン、トイレ、壁紙、床など)リフォームをするのか、リフォームにより、物件の価値がどのくらい上がるのか、といったことをしっかり検討して始めなければいけません。
更に、リフォームをする場合、住みながらリフォームをするのか、退去後にリフォームをして売り出すのか、といったスケジュール的なことも考慮しなければいけません。リフォーム中に発生する費用についても、売値に上乗せするかどうか、よく考えましょう。

きれい=必ず売れるとは限りません。

物件を見学するときは、きれいな方が印象が良い、とは言いましたが、昨今では、きれいな物件なら必ず高値で売れる、とは限りません。
人によっては、多少古い物件を安く買って、内装や設備を自分の好みに自分でリフォームする、という人もいるからです。このような人もいますので、一概に、リフォームしてから売りに出す方が良い、とは言い切れないのです。
これからこの物件を購入して長く住むためには、ある程度、自分の好みのものをそろえたい、と思うのは誰でもあることです。中古物件を購入するメリットには、安く購入して、自分たちで手を入れることが出来る、というのも挙げられます。始めからきれいな設備が付いていても、自分の好みでなければ反って購入まで結びつかないこともありますので、なかなか難しいところです。
リフォームをしなければ、余分な費用がかかる心配もありませんので、リフォームをする場合としない場合のそれぞれのメリットを考慮し、最終的に決めましょう。

このページのトップに戻る