e-家売る TOP > 不動産売却Q&A > ローン残っていても売れる?

売ることはできます。

金融機関からお金を借りて家を購入して返済中。このような状況であっても、基本的には不動産売却は可能です。この場合、任意売却と言います。
簡単に言ってしまえば、金融機関にとっては、ローンが払える、返済可能で完済できるような状況であれば良いのです。厳密に言うと、不動産の所有者が変わった時点で、ローンの残高は、保証会社、もしくは債権回収会社というところが一括して金融機関に返済し、その残高を債務者(つまりローン契約者)が支払う、ということになりますので、返済先としては保証会社になります。
では、売却をすれば、ローンの残高程度は必ず利益が出るか?と言われれば、そうではない可能性が断然高いものです。不動産の評価額は、確実に1年毎に下がっています。売却して売却で出た利益をそのままローンの返済に持って行ったとしても、完済されることはない、と思っていた方が良いでしょう。ローン残高-物件価格=負債の残り、残債となります。

保証会社によっては、債務の圧縮も

売却して、ローン返済をした場合、保証会社によっては、債務の圧縮を行うところもあります。この債務の圧縮というのは、簡単に説明するなら、ローンの値引きです。
金融機関でも保証会社でも、途中で支払い不可能になるよりも、少しでもローンの完済に近づきたいというのが本音です。さまざまな事情で不動産を売却してようやくローンの一部が返済されたところで、負担になるような返済計画を続けたとしても、完済に辿り着くのはとても難しいものです。
だからこそ、割引を行うことによって、少しでも資金を回収できるように、と考えられた措置が、債務の圧縮、つまり返済額の値引き、ということになります。もちろん、この圧縮は、保証会社によって行うところと行わないところとあります。返済の状況も、残債も金額もまちまちですので、最初から圧縮ありき、では考えない方がいいでしょう。予想外に圧縮があればラッキー程度にしておきましょう。完済してこそ、借りた人の責任が果たせるのですから。

このページのトップに戻る