e-家売る TOP > 不動産売却Q&A > 住みながら売れる?

もちろんOKです。

住みながら売却を進めることが出来るのか?答えは○です。現に、今現在住んでいる持ち家を売却しようとしている人の多くは、住みながら売却を進めている状態です。
厳密に言うと、物件の引き渡し日に退去していればOK。前日まで住んでいてもいいんです。ま、現実問題、お掃除とかゴミの整理とかありますので、前日ギリギリまで、というのはちょっと難しいところでもありますが・・・。
済ながら、売却の話を進めていく場合、購入希望者が現れたときは、建物の中を見学希望されれば、都合を合わせて建物の内部を見学する場合もあります。その際は、不動産会社の人が立会いの下、購入希望者が見学することになりますので、是非気合を入れてお掃除をしておき、好印象で帰ってもらい、契約成立までつなげていきたいものですね。実際の生活空間が、好印象に作用するかどうかは、お掃除やお片付け状況に大いに関係ありますよ。モデルルーム並、とは申しませんが、頑張りましょう。

買い替えの場合は理想的。

買い替えの場合は、住みながら売りに出す人も多く見かけます。次が見つかると同時に、売却できれば、引っ越しも1回で済みますし、余計な費用も掛からず、一石二鳥です。2つの不動産を抱える時期も最短で済ますので、上手に買い替えて、出費を最小限に抑えたいものです。
ただ、一つ注意するなら、退去に余りにも急ぎすぎると、購入希望者に買い叩かれる心配もあります。ということで、もし仮に見学を希望され、売却理由等を聞かれたとしても、「必要なくなった」「手狭になった」等の最小限の情報のみにとどめておきましょう。期日が迫っていると知られて、金額交渉に悪影響が出れば、思わぬ売却額の減につながりかねませんので、ご注意ください。
間に不動産会社が入っていると思って安心し、このように契約が確定する前に、売り手と買い手が顔を合わせ、つい余計なことを言ってしまう、というのも良くある話です。家のお掃除と同様に、訪問前は対策を練るのも手です。

このページのトップに戻る