e-家売る TOP > 不動産売却の基礎知識 > 家を売る時にかかる税金

所得税の中の譲渡所得税

家を売った時は、所得税の一種である、譲渡所得税というものがかかります。これは、譲渡【売却)時に受け取った金額から諸経費や特別控除を差し引いたもの(譲渡所得といいます)に掛けられる税金です。通常の給与等による所得税とは計算方法が異なりますので、別で計算をする必要があります。確定申告により、申告納税をします。
この譲渡所得には、居住用であれば、3,000万円の特別控除がありますので、該当する人は、この3,000万円を引いた残りの額に税率をかけて所得税が決められることになります。
譲渡取税のための税率には、所有期間に応じて2種類あります。5年未満と5年以上の2種類ですので、該当する期間の税率が適用されることになります。
確定申告の際は、不動産の所在地、売買契約日、引き渡し日、買主の住所名前(法人の場合は所在地、名称など)、その他代金の受領の経過等を申告します。正確に申告をしなければ、修正などの手間がかかります。

仮に利益とならなかった場合

では、仮に、諸経費や特別控除を差し引いたら、利益とならなかった場合はどうするのか?申告の必要はないのか?と思いがちですが、この場合も、しっかり申告をする必要があります。というか、むしろ申告をした方がお得になります。なぜなら、この損失は、条件付きですが、繰越控除として扱うことが出来るからです。
一定の条件(この条件についてはここでは省略させていただきますので、詳しくは国税庁のHPなどを参照ください)を満たした場合、居住用財産に関する申告時の控除を受けることが出来ます。
マイナスだったからと言って、放っておいては勿体ない!必ず申告をしておきましょう。
とはいいつつ、利益が出ないとなると、そもそも、売却のメリットとは?と考えてしまいがちですが・・・。不動産は、使用の有無にかかわらず所有しているだけで固定資産税という税金がかかります。持っているだけでマイナスなら、早めの処分がお得かもしれませんね。

このページのトップに戻る