e-家売る TOP > 不動産売却の基礎知識 > 家を高く売るには・・・

出来るだけ高く売りたいっ!

誰だって、出来るだけ安く買って高く売りたいと思っていますよね。でも、なかなかそうはいかないのが現実です。
出来るだけ高く売るポイントは、はっきり言ってしまえば、新品に近い状態のものが、売れます!・・・。でもだからと言って、売却前に、リフォーム全開でピカピカにして売っても、本末転倒です。まずは、相場、というものを正確に把握することが大事です。相場から余りにも高望みのお値段を設定してしまえば、必ず売れ残ります。このご時世、バブル崩壊以降、選ぶ側の目も断然厳しくなっていますので、ちょっとでも価値がないと判断されれば、買い叩かれるか、去っていくだけです。売れない事にはどうしようもないので、現在の不動産物件の状況から妥当な値段を判断しましょう。勿論、値下げを前提で、少しだけプラスしておくという手もあります。必ず値下げ交渉されることを考えたら、少しだけプラスして出しておくのもおススメですが、少しだけですよ。

出来る範囲で補修。あとは・・・。

新築でない限り、必ずどこかに傷や破損といったものがあるはずです。出来る範囲であれば、直しておいた方がよいでしょう。が、下手に手を加えて更に悪化するよりも、現状をそのままにしておいて売る方が良い結果になります。
購入希望者が現れtら、物件の情報は、正しくお知らせしておきましょう。ヘンに傷や破損を隠したまま売ってしまうと、後から損賠賠償を請求される事態になりかねません。そうなれば、高く売るどころか、逆に費用だけがかかってしまうことになりかねません。あくまでも、プラスの情報だけでなく、マイナスの情報もきちんと開示してこそ、良い取引となります。
最後は基本的なことですが、きれいにお掃除をしておくことが高く売るポイントです。同じ状態の不動産でも、きれいに掃除された状態とそうでないものとは、印象がまったく違い、その結果は金額に現れます。ちょっとの手間で金額が変わることですから、この点は必ず押さえておきましょう。

このページのトップに戻る