e-家売る TOP > 不動産売却の基礎知識 > 売却の際の注意点

不動産会社選びは慎重に。

大切な不動産を売却するにあたり、仲介を依頼する不動産の選定はとても重要なものです。不動産売却にほとんど知識がない分、この不動産会社に頼るしかありませんが、だからこそ、しっかりした目を持って、信頼できる会社に依頼しないと、後でトラブルになることは必至です。
最近では、多くの不動産会社がホームページを持っていますので、まずは気になる不動産会社がれば、ホームページをチェックしてみましょう。基本的なところでは、宅地建物取引業の免許情報(都道府県知事、もしくは国土交通大臣の免許)、会社概要、取扱い不動産についての情報と言ったところです。これらが確認でき、安心して頼めそうかな、と思ったら、実際に不動産会社と連絡を取って、不動産売却の際の情報をもらいましょう。どのような流れで、どのような費用がかかるのか、といったことが中心です。情報だけで判断するのではなく、担当者の言動、心配り、といった人の部分もとても重要ですから、総合的に判断して、不動産会社を選びましょう。

よくある不動産取引上のトラブルとは?

不動産会社とのトラブルは、今も昔も後を絶ちません。やはりまとまった額が動く契約ですので、双方とも、利益を、となるあまり、トラブルの元は至るところにあるようです。だからこそ慎重に慎重を重ねて、出来るだけ気持ちの良い取引になるように、自分自身で気を付ける他ありません。
不動産会社と売却希望者とのトラブルというと、キーワードの一つに「手数料」というものが挙げられます。不動産会社というものは、不動産を買う人と売る人の間に立ってお世話をして、その仲介による利益、つまり手数料自体が売り上げとなります。ただ、どこまで手数料がかかるかは不動産会社によって異なりますので、どんな時でも、必ず費用が掛かるか、どこまでかからないが、どこからは費用がかかるのか、といったことをしっかり確認しておく必要があります。後から費用を請求された、売買契約した際、一括して法外な手数料を取られた、というのはよくあるトラブルの一例です。トラブル防止のため、その不動産会社が信頼できか、しっかり判断しましょう。

このページのトップに戻る