e-家売る TOP > 不動産売却の基礎知識 > 売却までの流れを知ろう

売却までの流れ:前半

売却までの大まかな流れをご紹介しましょう。
まずは仲介してもらう不動産会社を選びます。大手の不動産会社で扱ってもらうメリットは、かかる費用や手続き等が予めはっきりしているということ。一方、最寄りの個人で行っている不動産にお願いすると、ある程度、交渉次第で柔軟に対応してもらえる、というメリットがあります。より多くの情報を集めて、出来るだけ自分の不動産条件に近い不動産を扱っているような会社を選ぶというのも一つ。大きなお金が動く不動産取引ですから、なによりも信頼関係が大切です。実際に担当者に会って話をしてみるなどして、信頼できる会社に依頼しましょう。
不動産会社が決まったら、次は、価格を決めます。不動産会社の方で物件を査定してもらい、適正な価格を把握しましょう。その後、不動産会社と媒介契約を結び、いよいよ、売りに出す作業へと入ります。もちろん、誰でも出来るだけ高く売りたいというのは当然の話ですが、世間の経済情勢や、不動産業界の動向など、総合的に判断して、売却額を設定します。

売却までの流れ:後半

売り出し始めて、いよいよ購入希望者が現れました。
まずは価格交渉です。こちら側の言い値で了承されることは少なく、ほとんどの場合、値引き依頼があります。出来るだけ高値で売りたいのは山々ですが、余りにも妥協しないでおくと、交渉不成立になる可能性もありますので、不動産会社の人ともよく相談をして、金額を調整しましょう。
金額の折り合いが付いたら、次は不動産情報を開示します。ここで大切なことは、売りたい不動産に関する情報は、出来るだけ正確に、購入希望者に伝えておくことが大切です。「そんな話は聞いていなかった。」と後々取引でトラブルになるケースも多いため、気持ちの良い取引を行うためには、しっかり情報を伝えておきましょう。
金額、情報のすべてに納得したうえで、購入の意思が出されたら、いよいよ売買契約を取り交わして、売却成立。代金を受け取ると同時に、不動産を引き渡して終了となります。
これら一連の作業には、かならず不動産会社が間に入っていますので、直接購入希望者とのやり取りはまずありません。

このページのトップに戻る